バルブを知ろう

まさか「バルブ」という言葉を知らない人はいないと思います。

でも「バルブって何のこと?」と問われたら、答えられる人は少ないのでは?「バルブ」とは日本語で言う所の「弁」の事で、例えば、配管なんかで液体や期待などを流すときに、流れの方向、圧力、量なんかをコントロールするのに使われます。

バルブではなく「ベルブ」と呼ぶケースも少なくないようです。

バルブの動力は、手動のものから、電動のもの、更には遠隔から操作可能なものなど様々です。

また、配管を流れる流体が何なのか?液体か、気体か、毒性はないか、燃えないか、腐食性が高いか、などなど流体の特製によっても用いられるバルブの種類は変わってきます。

つまり、「バルブ」ってものすごい数の種類があるってことです。

事実、我々の生活の中ではバルブがアチコチで活躍しています。

水道、ガス、給油機、タンクにボンベなどなど、私達が知らないだけで身近なバルブは実は沢山あります。

いろいろな設備においてバルブが用いられているのです。